Adobe社のライセンス

マイクロソフト社と同様に、パッケージ(箱)で販売されていますし、OEMでも提供されています。そしてボリュームライセンスとしては、企業向け、公共機関向け、教育機関向けに分かれています。そしてボリュームライセンスプログラムとしては、それぞれ企業向けが4種類、公共機関向けが4種類、教育機関向けが3種類の合計11種類の購入プログラムがあります。

最近ではこちらもマイクロソフト社と同じく、企業向けでも個人向けでも非永続タイプのCreative Cloudという月額課金モデルに力を入れているようです。

さらに先日の発表では、2013年6月からの新しいCreatice Suite製品(CS)はパッケージでの販売は行わず、Creative Cloudというサブスクリプションのみでの提供になるとのことです。つまり今後はCSの最新版を利用したければ、月額や年額課金のサブスクリプション契約を行わないと行けなくなります。

これはAdobe社にとってはある種の賭けにも思えますが、もしかしたらそれだけ最新版に買い替える人が少なくなっているのもあるかも知れません。

少し余談ですが、やはり大手のソフトウェアメーカーは過去多くのバージョンを発売しており、新製品発売時の問題は、他社製品との競合よりは、自社の以前のバージョンの製品との競合が課題とされている点もあるようです。

Remaining days for the End of Microsoft Windows 7 extended support days

Please feel free to contact us for license procurement on replacements お問い合わせ