ライセンスとは?

語源はラテン語の「許されている」という意味のようですが、英語でも許諾や免許、または許諾する、認可するという意味ですね。

つまり通常では何かを行うことは許されていないが、ライセンスを持っていると、それを「許される」ということになります。運転免許も英語で「ドライバーズ ライセンス」と言いますが、こちらも通常は公道で車を運転することは許されていないが、「ドライバーズ ライセンス」を取得すると、その取得条件に従って、自動車や大型車や自動二輪車を運転することが「許される」ことになります。

ソフトウェアについても同じく、ソフトウェアを使用することが「許される」=「許諾される」ということで、ライセンスを持っていると、その条件に従って使うことが「許諾される」形になります。また一般的にはこのソフトウェアのライセンスを「使用許諾権」と言ったりします。使用することが許諾されている権利、という意味ですね。

ですので、ソフトウェアのライセンス(使用許諾権)も、提供側(メーカー)が決めた各種の条件に従って利用することが求められる形が基本です。これはシェアウェアやクリエイティブ コモンズ ライセンス(http://creativecommons.jp/licenses/)でも同じく、利用条件が提供側によって指定されています。

Remaining days for the End of Microsoft Windows 7 extended support days

Please feel free to contact us for license procurement on replacements お問い合わせ