マイクロソフト社のライセンスについて

多くの商用ソフトウェアライセンスと同じく、マイクロソフト社(以下MS)のライセンスはソフトウェア自体を購入するわけではなく、使用許諾権というソフトウェアを使用する権利を購入するという形です。またその使用権には様々な制約条件も付帯しています。

また量販店でパッケージ(箱)に入っているソフトウェアを購入したとしても、そこには1台分や2台分のライセンスが箱という形態となって販売されている、だけですので、例えソフトウェアを箱で購入しても、ライセンスを購入していることに他なりません。

MSは同じ製品の場合でも実に様々な形態でライセンスを販売しており、パッケージ、OEM、量販店やネットでPCを購入するとエクセルやワードがすでに入っているプリインストールという形態の他に、組織向けライセンスとしてボリュームライセンスの販売を行っています。特にこのボリュームライセンスは種類が多く提供されているので(主要なボリュームライセンス プログラムだけで19種類!)、購入する際にはどのプログラムでどように購入すれば良いのか、正しい知識が必要です。

マイクロソフトのボリュームライセンスのページはこちらになりますが、ぜひご不明な点はお気軽に弊社までお問い合わせください。

Remaining days for the End of Microsoft Windows 7 extended support days

Please feel free to contact us for license procurement on replacements お問い合わせ