ライセンスコンプライアンスとは?

ライセンス コンプライアンスとは、取得したライセンスを正しく利用し管理する=使用条件を遵守する意味になります。

基本は購入数、つまり使用権を取得した数と使っている数が同じか、使用権の方を多く取得していることが必要です。しかしながら、ライセンスとは提供側より使用を「許諾されている」ものになり、その「使用許諾権」には、運転免許に大型や自動二輪の免許種別があるように、使用許諾権の内容ごとに各種の条件があります。ライセンス使用状況の遵守のためには、取得した数が利用数を満たしていることを基本として、使い方が正しいか否かも把握し管理する必要があり、場合によっては提供側より使用状況の確認が入ることもあります。

使用状況の確認が入った場合には、製品ごとの数と使用方法が適切かどうかの確認作業になる場合が多いようです。マイクロソフト社のOffice製品でのよくある間違いとしては、プレインストールの付属メディアを使って別のマシンにインストールしてしまったケースや、StandardやProfessionalというエディションを間違ってインストールしてしまった等、適切な管理がされていなかった為に現場で不適切な状態が発生してしまっているケースを聞きます。

これらは例え間違って行われたインストールであったとしても、インストール=コピー=複製ということになってしまいますので、インストール前に十分な確認や適切な管理が必要です。

Remaining days for the End of Microsoft Windows 7 extended support days

Please feel free to contact us for license procurement on replacements お問い合わせ